特定商取引きに関する法律の表示 個人情報保護方針 会社案内 
 天然型アミノ酸の10大パワー


 天然アミノ酸は蛋白質を作る基本材料⇒生命の万能素材 
 1・スポーツ・アミノ酸
 2・スタミナアップ・アミノ酸
 3・ダイエット・アミノ酸
 4・スキンケア・アミノ酸
 5・ブレーンケア・アミノ酸
 6・免疫アミノ酸
 7・アンチエイジング・アミノ酸
 8・デトックス・アミノ酸
 9・抗酸化・アミノ酸
 10・コントロール・アミノ酸
(筋肉を作って運動能力をアップ、運動時筋肉代謝の即効活性)
(疲労回復、体力回復、持続力)
(脂肪の燃焼を高める、メタボ症候群から守る)
(美肌効果⇒なめらか、若返り、メラニン沈着除去)
(脳の疲労をとり能力を活性、神経細胞再生)
(血液・免疫を増産、活性化、癌や新型インフルエンザから守る)
(全身細胞活性化で若返り)
(体内蓄積毒素、薬毒・添加物毒・農薬毒の体外排出)
(体内有害酸素撃退、細胞の酸化を防ぐ)
(細胞は全身を支配し病変箇所の修復をします)

好中球の異物貪食動画像
ウィキペディアページ下部にて白血球の一種、好中球がカビの胞子を貪食している様子(一コマ30秒毎の撮影で約1/200に時間を圧縮している)
の動画が見られます。私たちの体を守る免疫システムは、兄弟細胞である癌細胞も、異物として認識し攻撃します。主にNK細胞が
担当します。次々にがん細胞を食べる様子をとらえた動画です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%90%83


 必須アミノ酸の機能と同一型の天然型アミノ酸100gあたり含有量

太字は免疫・神経二関連のアミノ酸
アミノ酸名 mm/100g 機  能
ヒスチジン His 76 種々の組織蛋白の分解で生成される。幼児期の成長に必要。
血液細胞、免疫細胞を作る材料。アレルギー反応に関与する
ヒスタミンの前駆体。セリン、シスチンからプロトンを引き抜き
求核材として活性化の役割。
ロイシン Leuc 286 1日の必要量がアミノ酸中最大。肝臓の保護作用。筋肉の
エネルギー代謝。通常の食事では補足し難い。幼児では成長。
大人では窒素平衝にかかわる。肝臓機能支援。
バリン Val 268 筋肉のエネルギー代謝に深くかかわっている。
イソロイシン 153 ロイシンの異性体。筋肉のエネルギー代謝にかかわる。筋肉再生
皮膚回復、肝臓機能支援。血管拡張、神経活動補助。
フェニルアニン Phe 235 脳内で脳内伝達物質に変換。エンドルフィンと呼ぶモルヒネ様物質を
産生、痛みを緩和する。効果はモルヒネに等しいか、優れている。
副作用はない
。強力な抗うつ剤の働き。むち打ち、骨関節炎、
慢性リウマチ腰痛、片頭痛、手術後の自然な鎮痛薬として働く。
トリプトファン Try 37 脳内神経伝達物質であるセロトニンやメラニンの原料。精神機能の
維持に重要な物質。パーキンソン病、うつ病、総合失調症、膠原病に
大きくかかわる。
リジン Lys 195 カゼインの加水分解生成物から発見された。アミノ基を2個持つ、最も
不足しやすいアミノ酸。抗体やホルモン、酵素などの前駆物質生体の
成長や補修に深く関与する。植物性タンパク質、穀類に少ない。
動物性蛋白質から補う。欠乏すると成長障害がおこる。受精能改善。
ヘルペス感染予防。リジンとメチオニンから肝臓、腎臓でカルニチンを作る。
カルニチンはミトコンドリアの活性にかかわる。
メチオニン Met 94 含硫アミノ酸の一つ。肝機能の維持に重要。脂質代謝に関与する。強力な
抗酸化物質、毒性を持った物質と破壊的なフリーラジカル(活性酸素)から
体を守る。ヒスタミン(脳細胞伝達物質)の血中濃度の調整をするため
精神分裂症の改善に役立つ。動物実験では、不足するとコレステロールが
沈着、動脈硬化とリンクする。
スレオニン Thr  188 胃炎改善・筋肉緊張亢進の抑制。穀物には含有が少ない、消化吸収が
悪い。肝脂肪の蓄積予防効果。脂肪肝を防ぐ働き、不足で食欲不振
体重減少・貧血となる。

必須アミノ酸(体内で作れる、必須アミノ酸から生化学合成で作り上げる)
アミノ酸名 mm/100g 機  能
アラニン Ala 245 エネルギー源。アルコール代謝改善。体に必要な糖を合成。肝細胞の
エネルギーとして利用。
アスパラギン Asn 638 アスパラガスの汁から発見されたので命名。植物タンパクに多く存在。
体内ではアスパラギン酸から作られアスパラキナーゼによって
アスパラギンとアンモニアに分解される。中枢神経で興奮系神経伝達を
担う興奮性アミノ酸。疲労に対する抵抗力を高め、スタミナを増す。
エネルギー源として利用。
システイン Cys 172 硫黄を含んだアミノ酸。代謝されると他の物質と反応して
体内システム内の毒性物質の解毒をする。特にシスチンと
メチオニンは銅の毒性から効果的に体を守る。有害金属を縛り上げて
体を守り喫煙や飲酒によって生まれるフリーラジカルも細くして体を守る。
喫煙・飲酒者はビタミンCを
一緒に取る。肝機能を活発化し二日酔いに効果。
グルタミン Gln 1350 砂糖大根の根汁から発見。生体内に最も多く含まれる。グルタミン酸と
アンモニアから作られアミノ基質として種々の生体機能にかかわている。
胃腸や筋肉を正常に保つために必要。免疫機能に重要な役割。
グルコース代謝と糖新生の調整に役立つ。海草・強力小麦粉
赤マグロの身に多い。
グリシン Gly 170 ヘモグロビンや肝臓中の酵素などの構成成分としての役割として働く。
総合失調症の補助療法に有効。コラーゲン、ケラチン、絹に大量に含まれ
保湿作用、静菌作用、酸化防止作用がある。睡眠の質を向上
起床時の疲労感を軽減。
プロリン Pro 145 生体内ではグルタミン酸から生合成される。コラーゲンの主成分として
大量に含まれている。脂質の代謝にかかわる。肌のコラーゲンを生成し
又一度壊されたコラーゲンを修復する力を持つ。肌のハリ、しわ、たるみを
最小限に食い止める。
セリン Ser 248 絹たんぱくのセリシンから分解されたことから命名。生体内での様々な
成分の前駆体として重要。皮膚の潤いを保つ天然保湿因子の主成分である。
チロシン Try 250 チーズをアルカリ処理して得られたことから命名。生体内では欠乏したときは
フェニルアラニンから合成される。甲状腺ホルモンの原料。皮膚や髪の黒色
色素メラニンの原材料。脳内神経伝達物質であるノルアドレナリンや
ドーパミンの前駆物質で感情や精神機能の調節に関与する。
睡眠不足後の覚醒の改善に有効性
。甲状腺機能亢進症の人に注意。
牛肉サーロイン赤身、鮭、タケノコに多く含まれる。高コレステロールの
改善の働きアリ。
アルギニン Arg 830 生体内では尿素回路の中間体として再合成。子供には
必須アミノ酸である。エンドルフィンを産生し天然のモルヒネと同等の
鎮痛効果がある。マクロファージを介しNO(窒素)を産生がん細胞の
核に作用酸素を遮断してがん細胞をやっつける。男性の精子数を
増やす。NK細胞産生の引き金。免疫反応を助け傷の治りを良くする。
体内で変化して様々な働きをするためアミノ酸を超えた働きをする
「超アミノ酸」とも言われる。日本人の日常生活では3〜4g不足していると
考えられます。筋肉を増やすアスリートには不可欠のアミノ酸ですが
残念ながらアミノ酸サプリメントで補給するわけにはゆきません。
天然型アミノ酸以外は蛋白質が作れないので無駄になります。
アルギニンは脳下垂体に働き掛け「成長ホルモン」の分泌を促すため
精液の製造、筋肉強化代謝促進に欠かすことができない
重要なアミノ酸です。
免疫細胞を産生。

参考元:N-Amino Celler Therapy様




<ホームへ戻る




三重県四日市市尾平町新高平2936 ラ・コール内

TEL:059-336-6918 FAX:059-336-6916
Copyright (C) 2010 Japan Happy Life Company All Rights Reserved